しおりで松本

スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、SNSから浮気が露見してしまうといったケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたびチェックしたり、こそこそ更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。スマホやSNSへの警戒心は、浮気の有無を見出すきっかけになるかもしれません。法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても分が悪いでしょう。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないケースも充分にありえるからです。そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを回避するには、調査で証拠を確保することをおすすめします。もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かもしれません。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、これからどう対処していくか考えなければいけません。浮気はどう言い訳しようと、やってしまった人間が「有責」なのです。メンタル的には本当の解消には至らないかもしれませんが、これまでの精神的な苦労への慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。浮気の定義は、人それぞれというほかないでしょう。たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、二人だけで出かけたら浮気と感じる人もいます。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為と認識されます。一般的には、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えたほうがいいです。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵会社によって幅があります。ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、ちょっと手間でも何社かで見積りをとり、説明を受けることを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、探偵に可能な限り伝えることで、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、メールやLINEなどに不倫の履歴が隠れていると考えられます。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇することはできないようです。とはいえ、就業規則上の、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といったところに抵触すれば解雇もないわけではありません。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、具体的な処分はないまま終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。子供が手を離れるまで、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。パートだけにしてはおかしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するという結果になり、後悔しています。当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価は安くは済まないでしょう。配偶者の出方次第でも変わるでしょう。しかし、家庭が滅茶苦茶になったり、慰藉料を請求されることだってあります。不倫はバレたら最後。金銭的にも社会的にも代償を支払い、償わなければいけないのです。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利なのは確かです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、白黒つけたいと思うなら、興信所に頼んでみることを推奨します。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。不倫していた相手が明らかになってから3年、でなければ不倫行為から20年間が請求期限となります。それに、時効期限が近づいているときでも、訴訟に持ち込めば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。時効が迫っているなら、訴訟することも選択肢に入れてみましょう。不倫の行き着く先って色々ありますよね。浮気が露見した結果、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになる場合も当然あるでしょう。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする例もないわけではありません。いずれにせよ、心の底から安心して幸せになるという到達点は、金輪際ありえないのです。うちは3年前に結婚し、妻は子供ができるまでパートに出ています。この前、同僚の男との浮気が判明。しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。別居のほうがまだマシです。彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、はっきりと手を打たせてもらいましょう。不倫調査を頼む際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをはっきり伝えることが非常に大事です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。何を目標にするかによって調査員の仕事内容も変わるので、あらかじめ明確にしておきましょう。別に不倫の調査なんてする必要がないのではと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、無関心でいてはいけません。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。一緒にいて怪しい点があるときは、浮気調査を探偵にしてもらえば、無駄に心配することもなくなるわけですし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。普通、離婚となると、浮気していた側は子供の親権がとりにくいと思われているようです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与などを考慮します。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかがカギなのです。浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという始末の悪いもののようです。浮気現場を押さえられて、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている可能性だってないわけではありません。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、ガッチリ浮気の証拠固めをして、お灸をすえてやりましょう。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないからだそうです。言葉は違っても結局はそれみたいですね。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい何を我慢して何を求めているのか、問題点を確認しあうのも大事です。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、初犯じゃなかったんです。入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、何度も浮気するのって、どうして直らないんでしょう。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。不倫の相手のほうでは悪いことをしている感覚はあまりないケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるわけです。話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的関係を持つことをいいます。不倫であればパートナーとその交際相手に代償として慰謝料を請求することが可能です。探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、不倫行為への慰謝料を要求することで現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させるといった使い方もあります。興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索は、出来高制を採用している場合もあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて得だと思う人もいるかもしれません。しかし、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、受け付けてもらえないこともあるそうです。それに、浮気の裏付けがとれたときに思ってもみなかった額を請求されるケースがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気は男ばかりじゃないはずです。同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが誰かと会うチャンスは思いの外多く、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。最近は、妻の不倫というのが増えているのか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが以前ほど珍しいものではなくなってきました。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。浮気のきっかけになることも大いにありえます。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、元クラスメイトということで当初は男女を意識せず、距離が一気に縮まります。クラス会が終わってから、配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。つまり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、証拠さえ入手すれば、心ゆくまで「報い」を受けてもらうことができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。家族関係の悪化や失職するなど、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると思っているみたいです。でもそうなったら相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて慰謝料を求めたうえで、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。浮気相手と二股かけられていたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうような人も少なくないです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻からすると人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。そんな不埒な行いを黙認することはありません。相手の浮気を裏付ける方法というとすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、無料で相談してみると安心で良いでしょう。そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、信頼できるかどうかもわからない会社に浮気調査を依頼するのは、やはり無理があります。安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者から「子供がほしい」と言われたことが意外に多いです。裏切っていることに対してあらためて申し訳ないという気持ちが生じたり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です